テーマ:将棋

第32回日本選手権対局者プロフィール 早稲田大学

竹内 広也 社会科学部3年 21歳 山梨県出身 主将として学生王座戦2連覇を達成。堅い玉で徐々にリードを広げる展開を得意とする。あだ名は「こーやん」だが、三間飛車はめったに指さない。主将として、選手として、昨年のリベンジを果たしてほしい。 実績:高校二冠(高校竜王、高校新人)、関東学生名人、学生将棋選手権個人戦3位、学生王将戦(十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第32回日本選手権対局者プロフィール リコー

細川大市郎 早稲田大学卒 42歳 徳島県出身 常勝軍団をまとめるリコー将棋部のキャプテン。団体戦にかける思いは強く、日本選手権は未だ無敗。 現在は新たな戦術書を執筆中との噂があるが、とても序盤巧者とは言えないので大丈夫であろうか。 実績:平成最強2回、アマ竜王2位、学生王将、全国オール学生、学生選手権、高校名人、他 得意戦法:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表彰式

(中村七段が表彰状を読み上げる) (山下良則・リコー代表取締役 社長執行役員 CEOから優勝カップが渡された) (中村七段の講評) 中村「今日は7局それぞれ違う戦型で、力戦も多く興味深く観戦させていただきました。駒がぶつかってからリコーの強さが出て、経験の差でペースをつかんだと思います。早稲田大学の皆さんにとっては、学生と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四将戦もリコーが制して全局終了

四将戦も終局。小山さんが勝ち、リコーが5勝2敗という結果になりました。 星取りは以下のとおりです(敬称略。左がリコー)。 大将から五将をリコーが制す結果となりました。 リコーは日本選手権3連覇、通算9回目の優勝です。 3連覇は、東京大学が第20回(2008年)から第22回(2010年)に達成した連覇記録に並びます。 大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リコーが4勝目を挙げる

16時過ぎ、大将戦を中川さんが制し、リコーが4勝2敗。チームの勝利を決めました。 残る四将戦も終盤戦です。 ここまでの星取りは以下のとおりです(敬称略。左がリコー)。 大将 中川慧梧○-●樋園翼 副将 細川大市郎○-●征矢寛汰 三将 山田雄介○-●平野和宏 四将 小山怜央-竹内広也 五将 山内祥敬○-●石橋舜 六…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五将戦、七将戦終局

五将戦と七将戦が終局しました。ここまでの星取りは以下のとおりです(敬称略。左がリコー)。 リコーが3勝2敗。あと1勝でチームの勝利となります。 大将 中川慧梧-樋園翼 副将 細川大市郎○-●征矢寛汰 三将 山田雄介○-●平野和宏 四将 小山怜央-竹内広也 五将 山内祥敬○-●石橋舜 六将 武田俊平●-○仲津留大樹 七…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

副将戦と三将戦をリコーが制す

副将戦で細川○-●征矢となった直後に、三将戦の山田-平野戦も終局。山田さんが制して、リコーが2勝1敗としました。残るは4局です。 (細川さんがリコーの1勝目を挙げた) (三将戦の終局直後。山田さんがリコー2勝目)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秒読みに入る

15時20分を過ぎ、ほとんどの対局で秒読みに入りました。対局場の緊張感が増しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六将戦 攻め切るか受け切るか

六将戦は武田さんが秒読みに入っています。仲津留さんは残り26分で、どんどん攻め立てています。中村太地七段は「攻め切るか受けきるかの勝負になりました」と解説しています。 (武田さんは懸命に受ける)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対局開始から1時間30分経過

対局開始から1時30分経過し、14時30分を回りました。 進行が早いのは大将戦と五将戦です。 大将戦は相穴熊戦ですが、終盤の入り口のような局面を迎えています。 五将戦はプロ棋界でも流行している相雁木。 (大将側から。7局同時進行は壮観)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第31回日本選手権 開会式

対局開始前に開会式が開かれました。 (古島正・リコー執行役員) 古島「今回で31回を数えます。これまで学生が16勝、企業側が14勝です。リコーは2連覇中で、過去3連覇したのは東大しかいません。皆さん、実力を発揮されて熱戦を期待しています」 (中村太地七段。今回の審判長を務める) 中村「リコーは2連覇中で充実したメンバーがそろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第31回日本選手権 振り駒

振り駒の結果、歩が3枚出て、リコー先手となりました。 また、オーダー表を交換した結果、対戦カードは以下のようになりました(敬称略。左がリコー。対戦カードをクリックすると、棋譜中継ページに飛びます)。 大将 中川慧梧-樋園翼 副将 細川大市郎-征矢寛汰 三将 山田雄介-平野和宏 四将 小山怜央-竹内広也 五将 山内祥敬-石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第31回日本選手権対局者プロフィール リコー

細川大市郎 早稲田大学卒 41歳 徳島県出身 主将としてチームを引っ張り職団戦6連覇に導いた。トッププロに勝つなどここ1番での強さは折り紙付きだが、調子にムラがあり格下にもよく負ける。日本選手権においては無敗記録を継続中。 実績:平成最強(大阪)2回、アマ竜王2位、学生王将、全国オール学生、学生選手権、高校名人、他 得意戦法:オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第31回日本選手権対局者プロフィール 早稲田大学

樋園 翼 創造理工学部3年 22歳 神奈川県出身 現主将。「全員で勝つ」というスローガンのもと、巧みなオーダー戦術でチームを優勝へと導いた。将棋の調子も良いようで、学生王座戦では6戦全勝。日本選手権の舞台ではどのようなドラマを演出してくれるのだろうか? 実績:関東準学生王将、学生王将戦(十傑戦)6位、三浦三崎マグロ名人戦A級3位 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リコー杯アマチュア将棋団体日本選手権を振り返る ~社会人代表 vs. 学生代表編~

「リコー杯アマチュア将棋団体日本選手権」は1989年から始り、今回で第30回の節目を迎えました。 そこでこれまでの大会を 「社会人代表 vs. 学生代表」 の視点で振り返ってみたいと思います。 ■ 対戦成績 はじめに対戦成績ですが、これまでの30回の勝敗は次の通りです。  社会人代表:14勝 (勝率.467)  学生代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第30回日本選手権対局者プロフィール リコー

山田 洋次 立命館大学卒 43歳 静岡県出身 日本選手権に向けて王座戦に偵察に行くなど気合は十分。 昨年の日本選手権は超手数の熱戦を制し勝利に貢献した。今回の出場者では最年長だが、まだまだ学生には負けないという心意気で必勝を期す。 実績:アマ名人、アマ王将、アマGC、全日本選抜、高校名人、他 得意戦法:なまくら流 抱負: 後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第30回日本選手権対局者プロフィール 立命館大学

阿部 俊貴 理工学部4回生 22歳 静岡県出身 圧倒的熱血漢。昨年は内容、結果ともに常に安定感があり、王座戦では勝ち柱として全局出場し優勝の立役者となった。棋風は毎年変化しているが今年は速攻型の攻め将棋のようだ。しかし、独特の強靭な受けも健在。完成された阿部ワールドに死角無し。 実績:県代表数回 得意戦法:無差別級 抱負:自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終結果

立命館大学    2     -      5  リコー 大将戦 (先)○長森 優作  VS    ●菊田 裕司 副将戦    ●銭本 幹生  VS (先)○山内 祥敬 三将戦 (先)○新貝 涼太  VS    ●中川 慧梧 四将戦    ●山本 将太郎 VS (先)○山田 雄介 五将戦 (先)●櫻井 飛嘉  V…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第29回日本選手権対局者プロフィール リコー

細川大市郎 早稲田大学卒 39歳 徳島県出身 元奨励会の割には定跡を全然知らないため長年力任せの終盤型であったが、最近になって初めて棋譜並べをするようになり、序盤力の向上を目指している。日本選手権は過去6戦全勝と相性が良い。現主将。 実績:平成最強優勝2回、アマ竜王2位、学生王将、全国オール学生、学生選手権、高校名人、他 戦法:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more