三将戦

▲8四銀と打った局面で少し先手が息切れしそうとのこと。
寄せ合い勝負になりそう。

副将戦

▲6四角が急所をつき山内がきれいに寄せ切る。リコー2-1立命館

七将戦

後手のすさまじい頑張りで持将棋模様に持ち込んでおり、場内もどよめきが起こる。
どちらも捕まりそうもなく駒数勝負だが、後手が歩の数が多くかなりリード。
よほど後手が変なことをしない限り逃げ切れそうとのこと。
屋敷九段も「まさかあの将棋が・・・」と驚く。

六将戦

詰むや詰まざるやの展開が続いているが、▲7九金の局面でようやく先手が逃げ切ったか。

五将戦

▲3六飛がすごい手。取れば▲5三桂成で詰み。
▲2八玉の局面で後手玉が詰めろではないので、後手が寄せきれそう。

四将戦

スローペースの序盤戦から一気に局面が進む。
先手がよさそうかと思ったが、後手の攻めもうるさい。

三将戦

中盤に先手に▲8二馬の勝負手が出るが△3七角成の局面で後手好調とのこと。

副将戦

△6二馬の局面で屋敷九段も一目先手勝勢と断言。
だが解説しているうちに△3六角の利きが強く大変ではないかと評価が変わった。

六将戦

大詰めを迎えている。
▲7六角と取った局面で、後手の手が広く先手も不安な展開。
屋敷「簡単な終盤ではない」
△7八銀が詰めろかどうかが焦点だが先手もかなり怖い。
▲7九歩と冷静に受けたがまだまだ大変。
屋敷「先手が勝ちやすいが後手玉も意外にしぶとい。」
▲8九同玉の局面で△7七桂と怪しげな手が飛んできた!
▲7三とと下駄を預けたところで先手玉が詰むかどうか?


大将戦

▲3三歩成の局面で先手の攻めが厳しく、このまま押し切れそうとのこと

七将戦

先手の鋭い攻めに後手の苦しい受けが続くが、△5五銀打の局面ではそれほど差が開いていないという。
不思議な将棋。

五将戦

聞き手は安食総子女流初段に替わっている。
山口女流二段の鋭いツッコミとは打って変わって優しい癒し系の聞き手にファンも多い。
一手争いの終盤戦。

三将戦

先手が▲4六角と手放した。
お互いに出方を伺う解説泣かせの将棋。
屋敷「長い将棋になりそう」