第32回日本選手権対局者プロフィール 早稲田大学

糸田 昂平
唯一の1 年生。今年度は、パンデミックの影響でサークル活動にも大きな制限がかかってしまったが、そんな中でもオンラインでの研究会に
積極的に参加していた。強豪相手にもナチュラルに勝つ高い実力を持ち、今後の活躍が期待される。若い世代として、思う存分に戦ってほしい。
実績:高校県代表 数回
得意戦法:対抗形

尾崎 優介
来年度主将。高校生時代には団体戦での全国優勝を経験しており、その実力の高さを買われ、1 年の春から全国大会含め数多く登板されてきた。
本大会を通して、来年度へのはずみとなるような内容を期待している。
実績:高校選手権団体戦優勝
得意戦法:矢倉

岸本 明希
自他共に認める24廃人。入部は1年次の秋と遅めだったが、その高い実力から一昨年の王座戦から起用されるようになった。
昨年の王座戦では真ん中辺りのポジションで多く登板され、他校のエース達と渡り合ってきた。その経験をこの大会に活かせるか。
実績:高校都代表数回
得意戦法:オールラウンダー

江口 幸寛
今年度主将。前述の尾崎とは高校時代からの先輩にあたり、同じく団体戦での全国優勝を経験している。
今年度は、パンデミックの影響で主将として活躍する機会は多くはなかったが、本大会で有終の美を飾れるか。
実績:高校選手権団体戦優勝
得意戦法:居飛車力戦

銭本 裕生
我らがエース。高校将棋の主要大会 3 つでいずれも優勝した経験があり、その実力の高さから、大学将棋でも1 年春から団体戦でフル登板されていた。
それゆえ責任感からか、団体戦前はネガティブな発言が多いが、やはり本番ではやってくれるだろう。
実績:高校三冠(高校選手権、高校竜王、高校新人)、関東オール学生最強者戦優勝、学生将棋選手権個人戦準優勝
得意戦法:中飛車

添田 遼
今年度会計。今までに大会で残した成績は少ないが、彼の実力を考えるとそれは不思議である。
終盤鋭く、その詰将棋力は誰もが認める部内一。格上相手に特に力を発揮するタイプであり、団体戦ではここぞという場面で度々起用されてきた。今回も思う存分暴れてほしい。
実績:オール学生個人ベスト16
得意戦法:角換わり

井戸崎 慎
我らが大将。尾崎・江口とは違う高校だが、団体戦での全国優勝を経験している。一昨年および昨年の王座戦で出場した対局では全勝しており、実力と勝負強さも兼ね備えている。4年生として、大学将棋にに有終の美を飾れるか。
実績:高校選手権団体戦優勝
得意戦法:ゴキゲン中飛車、石田流

第32回日本選手権対局者プロフィール リコー

細川大市郎
早稲田大学卒  徳島県出身
常勝軍団をまとめるリコー将棋部のキャプテン。団体戦にかける思いは強く、日本選手権は未だ無敗。
「とっておきのエルモ」を出版し序盤戦術に磨きをかけているようだが、オカルトからの脱却はできるか。
実績:平成最強2回、アマ竜王2位、学生王将、全国オール学生、学生選手権、高校名人、他
得意戦法:相掛かり、角換わり


馬上勇人
明治大学卒  静岡県出身
決定戦を勝ち抜き、実に12年振りの日本選手権出場を果たした。リコー杯女流王座戦を立ち上げるなどプレイヤー以外での活躍が著しいが、久しぶりに選手としての奮起を期待したい。
実績:全国オール学生、横浜名人
得意戦法:矢倉


武田俊平
立命館大学卒 秋田県出身
結婚して平和な家庭を築いているせいか以前ほどの熱量は無くなったが、休日は大会や研究会など将棋中心の生活を過ごしている。今回は絶対勝つという強い思いで日本選手権に臨んでいるだろう。
実績:アマ王将、支部名人、赤旗名人、レーティング選手権、アマ名人2位、アマ竜王3位、他
得意戦法:四間飛車、横歩取り


山内祥敬
東京大学卒 神奈川県出身
個人戦での実績は見劣りするものの、団体戦における安定感は抜群。日本選手権でもその強さをいかんなく発揮しているので、ポイントゲッターとして頼りになる存在である。
実績:横浜名人戦2位、アマ王将代表、レーティング戦地区代表、アマ銀河戦地区代表
得意戦法:角換わり


山田雄介
早稲田大学卒  大阪府出身
最近は多忙?の為かあまり将棋をする時間が取れていないようだが、賞金大会で優勝するなど本人曰く才能でカバーしているようだ。得意技は終盤でのファンタなので今回は気を付けて欲しい。
実績:都名人、北海道知事杯、学生名人、全国オール学生、高校名人、中学選抜、他
得意戦法:横歩取り、角換わり


中川慧梧
立命館大学卒 青森県出身
現アマ名人&アマ王将の2冠であり、アマ将棋界を代表するプレイヤーの一人。どんな戦型も指しこなすバランス感に長けている。昨年結婚し、甘い?新婚生活を送っている。麻雀とビールが大好物。
実績:アマ王将3回、アマ名人、アマ竜王2位、R選手権、棋神戦優勝2回、学生大会優勝15回、他
得意戦法:オールラウンダー


小山怜央
岩手県立大学卒 岩手県出身
自称「シルバーコレクター」。全国大会では常に上位に入っており2位や3位になることも多いが、半面それは強い証拠である。現在プロ棋戦でも活躍中で、アマチュア初の竜王戦6組優勝に期待がかかる。
実績:アマ名人、アマ王将、準アマ竜王3回、準支部名、赤旗名人、平成最強2回、学生名人、他
得意戦法:一手損角換わり